ひまえみのでたらめ イメージ画像

更新情報

ラマダーン・カリーム(恵み多い月ラマダーンおめでとう)! 友人からお誘いを受け、イフタールに参加してきました。 イフタールとは、ラマダーン期間中の日没後に1日で初めて取る食事のこと。 ラマダーンはヒジュラ歴の第9月を指し、イスラム教徒はこの一ヶ月間、日の出か
『ラマダーンなので1日サウム(断食)してイフタールに参加してきたよ!』の画像

前編からの続きです。“赤塚ヒーロー”という呪縛から逃れ、自分の意志で世界を引っ掻き回すことを選んだ25話 そして迎えた最終回、6つ子は見事に “ドンデンバラエティー”してくれましたね。彼らが手にしたのは「火」。「灯油」と同じく場をあたためるものであり、全てを無
『“大人になりたくない僕ら”は大人になれたのか?『おそ松さん』23話から最終回までの考察【後編】』の画像

さて、これまでの内容を踏まえて、ようやく本題に移りたいと思います。「6つ子は大人になれたのか問題」です。 (関連記事) ・TVアニメ『おそ松さん』、こういう視点でみたら面白かったよ! ・『おそ松さん』6人6様の課題と成長 「赤塚イズム」とは何なのか 前の記事で書
『“大人になりたくない僕ら”は大人になれたのか?『おそ松さん』23話から最終回までの考察【前編】』の画像

2 年前に書いた佐治晴夫先生のインタビューが、なぜかいまになって注目を集めているようです。 http://greenz.jp/2014/03/13/haruosaji/ 公開当初は確か500シェア位だったはず。それが1年後には5千シェアになっていて、1週間前には1万3千シェアに。と思っていま見たら、2万
『2万シェアを超えました!佐治晴夫先生インタビューの舞台裏』の画像

引き続きTVアニメ『おそ松さん』の妄想考察です。今回は6つ子ひとりひとりに焦点を当てて、彼らがどんな課題を抱えていて、どう乗り越えていった(ように見える)のかを振り返りたいと思います。先に書いた通り、私は彼らをアダルトチルドレンと捉えているので、それも踏まえ
『『おそ松さん』6人6様の課題と成長』の画像

昨年10月から今年3月まで放映されていたテレビアニメ『おそ松さん』に激ハマりしました。普段あまりアニメを見ないもので、「なんだか人気らしいぞ」と気になって初めて視聴したのが2月。「こんな面白い作品を見逃していたなんてなんてもったいないことをしていたんだろう…
『テレビアニメ『おそ松さん』、こういう視点で見たら面白かったよ!』の画像

↑このページのトップヘ