アムウェイに勧誘されたら巡り巡って自己理解が深まった話するね!

あれはもう数年前、私が24〜25歳の頃。友人のたかし(仮名)から「醤油工場の見学ツアーに行かない?」と言われて参加したんですよ。

目的地までの交通手段はツアーバス。30人位乗ってたかな?道中、参加者の自己紹介が始まりました。それがね〜、普通の自己紹介とはちょっと違ってたんだな。
s_1


「◯◯さんグループの◯◯です、ダイヤモンド目指して頑張ります!」「念願のサファイアになったので、記念にハワイに行ってきました〜!!」(※ うろ覚えだし詳しく知らないから宝石の名前は適当です)その度に巻き起こる温かい拍手!時折混ざる「アムウェイ」という単語!!

s_2
そしてたかしの番。 
s_3

s_4

そしてついに私の番!
s_5

私は……アムウェイを知らなかった……!

このときの私が何を考えていたかというと、


「なんかよくわかんないけど、アムウェイという名前のサークルっぽい!宝石でランク付けしていて上を目指す仕組みなのかな?じゃ〜とりあえずエメラルドにしとくか!そいでグループに分かれてるのね?たかしがユカコさんグループってことはきっと私もそうだよね〜!うーん私ってばアウェイな環境でもノリよく振る舞えるコミュニケーション上手〜!空気の読める女〜!」


s_s_7

でした。殴りてえ〜! クソ野郎〜〜!

s_6

 たぶんこのときロックオンされたんだと思います、ユカコさん(仮名だよ!)に。 つづく!

嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]
嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]