高校生のとき同級生だったS子ちゃんとの思い出話です。

S子ちゃんと初めて会ったのは、高校に入学してすぐの頃。 仲良くなりたての友人たちとお菓子を食べていたときのことです。
s_memory1

廊下から騒がしい笑い声と足音が聞こえたかと思うと、別のクラスのヤンキー風女子が乱入してきました。

s_memory2

あまりの勢いに戸惑い「あ……どうぞ……」と菓子を差し出す私たち。S子ちゃんは「サンキューー!!」と満面の笑みを浮かべ、ポッキーをくわえながら走り去っていきました。
s_memory3
「ヤンキーに菓子をカツアゲされた……高校っていろんな人がいるんだな……」とびっくりした私は、名前を知らぬ彼女に心の中で「カシクレ」とあだ名をつけ、その後もすれ違う度に「あっカシクレだ。今日も元気だな」と珍しい生き物を観察するように眺めていました。クラス替えのとき、「うぉ、カシクレと同じクラスだ!うるさそう〜〜」と思ったのを覚えています。

でも真面目系女子だった私とカシクレは当然別のグループ。最初はそんなに関わることもありませんでした。私が授業中にワンピース最新巻を読破するまでは。
s_memory4

当時、うちのクラスではワンピースの最新巻が出ると誰かが学校に持って来て、みんなで回し読みをしていました。ただ、漫画を持って来てくれる子と私は違うグループだったので、私に回ってくるのはだいぶ後。なので私は提案しました。
s_memory5

日本史のK先生はね、すごーくガラが悪かったのです。ヤンキー男子が授業中に居眠りしていると「起きろコラ。いい態度だなオメエ。あ?なんだその目は。やんのかオラ、外出ろコラァ」と胸倉掴んでどっか行っちゃうような。どこのチンピラかと思うような。なので、K先生の授業はいつも緊迫した空気が漂っていました。  
s_memory6

いま考えると、もしバレたら授業は中断するし友達の漫画は没収されて順番待ちの子は読めなくなるし、普通に迷惑行為なのでは? という気がします。友人曰く、K先生は私のほうを訝しげにチラチラ見ていたそうで……。私はめくるめく大航海に出ていたので全く気づかなかったけど。

s_memory8


チャイムが鳴って、満ち足りた表情で本を閉じ、持ち主に返しに行こうとしたそのとき、隣の席のカシクレ、もといS子ちゃんが私にニヤリと笑いかけました。
s_memory7

ヤンキーって根性好きだよね。つづく。

ONE PIECE モノクロ版 10【電子書籍】[ 尾田栄一郎 ]
ONE PIECE モノクロ版 10【電子書籍】[ 尾田栄一郎 ]